読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160228

きりりと冷えた空気の日曜日。来週には3月だが、春がどのへんまで来ているのかよくわからん。8時間ほど寝たが身体が重く、朝練はパスしてミスドへ。カロリー前借りのため午後か夕方にでも走らなければいけないなと思う。乗るとしても軽めがいいだろう。


昨日の土曜日は今期初の峠練へ行ってきた。5時半に起床、6時過ぎにクルマで出発する。思ったよりも交通量が多く、しばしば渋滞に巻き込まれてしまう。みんなこんな早くからどこへ行くというのだ。峠か。自宅から車で輪行する場合、時間効率の面からして片道1時間半くらいが限界だなと考えている。そして、一番近い峠までが最低1時間。渋滞だと1時間半ほどかかる。そしてこの日は後者。これでも往復すると3時間だ。移動だけで3時間というのはいただけない。もっと早く出ないといけないだろう。


峠の麓、町役場の駐車場が開放されているのでそこに停め、組み立てて走り出す。快晴なので寒さは思ったよりも感じない。自転車のりはほとんど見かけない。チェーンロックを忘れてしまったのでコンビニ休憩はせずに直接峠へ。登り始めていきなり苦しい。この苦しさが懐かしい。練習量も落ちているのでパワーダウンは否めないが、それなりに今の全力で登る。登りきったが、途中に残雪や凍結は一切なかったので良かった。リピートするため下るが、下りの姿勢が上半身に負担がかかり苦しい。新しいフレームだからか、実走をほとんどしていなかったからか。おそらく両方だろうと思う。降りきって2本目、3本目を登る。1本目では全然思わないが、2本目以降は『もう止めたい…ひとはなぜ走るのだろう?』という気持ちが非常に強く、このネガティブ感と折り合いをつけるのに苦労した。そうして3本登りきると達成感と幸福感がマックスになったので帰ることにする。やっぱり峠を登るのはこの上なく楽しい。自分にとって最高のストレス解消法だと実感する。最近は練習のモチベーションが低下していて今月の練習量なんかは過去最低くらいになっていたが、今回峠を登れてまたテンションが戻ってきた。来て良かった。


食事は車で済ませつつ帰宅が13時過ぎで、そこから洗濯と風呂、脚のリカバリー。そして1時間半ほど寝る。夕食をあのお方と約束していたので、起きてから電車で1時間半ほど揺られて向かう。焼きそばが食べたいと仰るので中華でも行くかとなったが、満席だったので鉄板焼のお店へ。お好み焼きに加え、焼きとんこつラーメンなるものを食べたがなかなか悪くなかった。最近は仕事でのストレスが多いらしく、色々と難儀しているという旨を聞く。食事のあと1時間ほどカラオケに行き別れた。なにかと移動時間の多い一日だった。